少年事件・刑事事件の弁護人 > 事件別 事例と解説 > 薬物事件の違法捜査を指摘し不起訴

事件別 事例と解説薬物事件の違法捜査を指摘し不起訴

当事務所の弁護士が過去に扱った事例を、弁護活動の内容と結果は変えずに、事案を一部改変してご紹介します。

迅速な証拠収集により釈放へ

Aさんは深夜にパチンコ店の駐車場で警察官に職務質問を受けました。
警察官はAさんが違法な薬物を使用しているのではないかと疑って身体検査をしました。
しかし,警察官は何も見つけることはできませんでした。

あきらめきれない警察官は,Aさんから尿を強制的に採取したいと考えましたが,そのためには裁判所の発行する令状が必要でした。
Aさんは,家に帰ろうとしましたが,大勢の警察官たちが,令状が発行されるまでの時間稼ぎのためにAさんを取り囲み帰らせないようにしました。
それでも帰ろうとするAさんを無理やり止めために,Aさんは路上に転倒してケガまでしてしまいました。
連絡を受けたAさんの兄弟が車で迎えにきましたが,警察官たちはAさんがその車に乗ることも阻止しました。
結局Aさんは,警察官に取り囲まれたまま家に帰れずに朝を迎え,令状を持ってきた警察官に警察署へ連れて行かれて尿を採取され,違法な薬物の成分が出たという理由で逮捕されました。

Aさんの弁護人となった当事務所の弁護士は,上記の捜査手続には,令状もないままAさんを長時間留め置いた点で重大な違法があると考え,当日現場の様子をスマートフォンで撮影していたAさんの兄弟から動画を入手したり,病院からAさんのケガについてのカルテや診断書を入手したりした上で,検察官に対して捜査手続の違法性を指摘するとともに,裁判所にAさんを勾留したことについての不服申立てを行ないました。
その結果,Aさんは20日間の勾留の後に不起訴となり釈放されました。

当事務所では、刑事事件・少年事件について、初回接見(埼玉県内・東京都内の全域と、群馬県の一部地域)・初回相談を無料で受け付けています。詳しくはメニュー「無料接見・無料相談」をご覧ください。

ご相談・ご依頼の前に

刑事事件の弁護

少年事件の弁護

事件別事例と解説

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。