少年事件・刑事事件の弁護人 > 事件別 事例と解説 > 濡れ衣のひったくりで少年審判

事件別 事例と解説濡れ衣のひったくりで少年審判

当事務所の弁護士が過去に扱った事例を、弁護活動の内容と結果は変えずに、事案を一部改変してご紹介します。

証拠の矛盾を指摘し非行事実無し

A君は、B君のバイクに同乗して、通行人のお婆さんから、追い抜きざまにひったくりをしたという窃盗の非行事実で少年鑑別所に収容されていました。A君には、他にも非行事実がありましたが、付添人として面会した弁護士に、「このB君とのひったくりだけは、自分がやったことではない」と訴えました。

付添人弁護士が、検察官から家庭裁判所に送られてきた証拠書類を全てコピーして詳しく検討したところ、被害者は犯人の顔を見ておらず、B君や、事件後にB君とA君が被害品を確認していたというC君の話には曖昧な点や矛盾がたくさんあることがわかりました。

そこで、付添人弁護士が、裁判官に、これらの矛盾を指摘する意見書や、弁護人が関係者から聴きとった話を書面で提出するなどの付添人活動をしたところ、少年審判で、ひったくりについては「非行事実無し」との判断が下されました。

結局、A君は、本人が認めていた他の非行事実を理由に、少年院へと送られることにはなったのですが、審判後に鑑別所で面会した時には、目に涙を浮かべ「信じてもらえて、嬉しかったです」と喜んでいました。

当事務所では、刑事事件・少年事件について、初回接見(埼玉県内・東京都内の全域と、群馬県の一部地域)・初回相談を無料で受け付けています。詳しくはメニュー「無料接見・無料相談」をご覧ください。

ご相談・ご依頼の前に

刑事事件の弁護

少年事件の弁護

事件別事例と解説

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。