少年事件・刑事事件の弁護人 > 事件別 事例と解説 > 少年の性犯罪の裁判員裁判

事件別 事例と解説少年の性犯罪の裁判員裁判

当事務所の弁護士が過去に扱った事例を、弁護活動の内容と結果は変えずに、事案を一部改変してご紹介します。

臨床心理士の協力を得て弁護

地元を離れて埼玉で仕事をしながら暮らしていた少年のA君は短期間に何件もの性犯罪で女性に被害を与えてしまいました。

A君は事件の悪質さを理由に、家庭裁判所から逆送され、裁判員裁判を受けることになりました。裁判では、短期間に事件を繰り返してしまったA君の刑を決めるにあたって、再犯の可能性が重視されると考えた弁護人は、元家庭裁判所調査官である臨床心理士の方に、A君との面接を重ねてもらうだけでなく、A君とお母さんとの面接にも同席してもらい、事件後のA君自身の反省の深まりに加えて、これまで問題があったA君親子の関係の改善について、法廷で証言してもらいました。

A君のした犯行の悪質さが高かったため、判決は検察官の求刑を大きく下回るものとはなりませんでしたが、A君の反省や変化は裁判官・裁判員に伝わった判決となり、A君は判決を受けいれて服役することになりました。

当事務所では、刑事事件・少年事件について、初回接見(埼玉県内・東京都内の全域と、群馬県の一部地域)・初回相談を無料で受け付けています。詳しくはメニュー「無料接見・無料相談」をご覧ください。

ご相談・ご依頼の前に

刑事事件の弁護

少年事件の弁護

事件別事例と解説

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。