事件別 事例と解説近所への嫌がらせで逮捕

当事務所の弁護士が過去に扱った事例を、弁護活動の内容と結果は変えずに、事案を一部改変してご紹介します。

勾留請求却下による釈放後に示談し不起訴

会社員のAさんは、自宅へのいたずらに悩まされていました。犯人が近所のBさんだと考えたAさんは、その後もいたずらが繰り返されることに腹を立てた末、とうとう「仕返し」のつもりでBさんの車を傷つける嫌がらせをしてしまいました。

検察官は、裁判所に器物損壊事件で逮捕されたAさんを引き続き勾留するように求めました。

しかし、弁護人が、Aさんが罪を認めて反省の態度を示していることや、Aさんには近日中に大事な仕事が控えており、勾留されると重大な支障が生じることを主張したところ、検察官の勾留請求は却下されAさんは無事に釈放されました。検察官は、この勾留請求の却下に不服を申し立てましたが、弁護人は、裁判官と面接してこれに反論した結果、検察官の不服申立ては認められませんでした。

その後も、引き続き弁護人がAさんとBさんの示談交渉を担当した結果、無事示談が成立しAさんは不起訴処分となりました。

ご相談・ご依頼の前に

刑事事件の弁護

少年事件の弁護

事件別事例と解説

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方