少年事件・刑事事件の弁護人 > 刑事事件の弁護 > 刑の重さはどうやって決まるか

刑事事件の弁護刑の重さはどうやって決まるか


犯罪自体の重さと再犯可能性等を考慮

罪を犯したことが間違いない場合、起訴された被告人には、判決で何らかの刑罰が課せられることになります。

どのような事件でどのような刑罰を科すことができるのかについては、刑法等の刑罰法規に明記されています。たとえば、窃盗罪であれば「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」、殺人罪であれば「死刑又は無期若しくは5年以上の懲役」と定められています。

しかし、これらの条文では、あまりにも刑の幅が広すぎて、たとえば、他人の自動車を盗んだ場合や、人の首を手で絞めて殺害した場合に、具体的にどのくらいの刑になるのかを知ることはできません。

そもそも、ある事件について、どのくらいの重さの刑にするかは、事件を担当した裁判官が、法律の範囲内で、自由に決めることができます。また、事件は似ているように思えてもそれぞれ異なる事情があり、同じ事件というものはありません。しかし、そうはいっても、同じような事件については、やはり同じくらいの重さの刑罰が与えられることが公平です。同じような事件なのに、東京では懲役3年の判決となり、大阪では懲役10年の判決ということになったら、あまりにも不公平だということになり、刑事裁判に対する信頼が失われてしまうでしょう。

そのため、裁判所が、刑の重さを決めるときには、まず、その被告人がした犯罪行為の悪質さ、たとえば結果の重さや、計画性、動機、凶器の有無、危険性など「事件の悪質さ」に関する事情に着目して、他の同種の事例などと比較して、およそどのくらいの幅の間で刑の重さを決めるのが妥当かということを考えるのが通常です。

その上で、そのおおよその幅を踏まえて、被告人の反省の態度や、被害者への弁償の状況、家族や雇い主による指導監督の有無といった「事件以外の事情」も考慮して、具体的な刑の長さを決めることになるのが一般的です。

したがって、刑の重さが問題となる事件の弁護人には、事件の悪質さが低いといえる事情を見つけ出し、それを説得的に裁判所に伝える弁護活動が重要となります。それとともに、被告人に、被害者の苦しみを伝えて反省を促したり、被害者への弁償に努めたり、家族等に証人として法廷に出廷してもらったりすることで、被告人が刑務所に行かなくても(あるいは比較的短い刑期でも)更生することが可能であることを示して、被告人に重すぎる刑罰が科されることを防ぎ、早期の社会復帰を実現する弁護活動をおこなうことになります。

上に書いたように、同じ事件はありませんが、事件の類型ごとに刑を決める上で重要となる弁護活動のポイントはあります。当事務所の弁護士は、刑事事件に関する豊富な知識と経験に基づいて、どの事件についても、最善の弁護活動を実践しており、窃盗や傷害などの身近な事件はもちろんのこと、裁判員裁判の対象となった殺人未遂や傷害致死、強盗致傷などの重大事件でも執行猶予付きの判決を得ています。当事務所では、重大・困難な刑事事件であることを理由に弁護を断ることはありません。どのような事件でも、遠慮せずにご相談ください。

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。

  • 紹介がなくても、相談を受けられますか?
  • 当事務所に相談いただくにあたって、紹介等は不要です はじめてご連絡いただく方でも、遠慮無くご相談をお申し込み下さい

  • 電話やメールでの相談はできますか?
  • 原則として、電話やメールでは相談内容についてのご回答はしておりません 電話やメールでは、情報量が限られているため、的確なアドバイスをすることが困難なためです 事務所にご来所いただき、面談の上、ご回答いたします

  • 申し込み後すぐに相談できますか?
  • 年末年始などの事務所休業期間を除き、できるかぎり数日以内にご相談をお受けできるようにつとめております なお、刑事事件や少年事件で、ご本人が警察に逮捕されているケースでは、より迅速な対応を心がけています

  • 夜間や土日に相談できますか?
  • お仕事の都合などで、平日の日中にはご来所が困難な場合には、夜間や土日でも、ご相談をお受けしております ご相談のお申し込みの際に、遠慮なく、ご都合をお伝え下さい

  • 相談の予約を変更・キャンセルできますか?
  • ご予約の日時に相談に来ていただくことができなくなった場合や、相談をキャンセルする場合には、お早めに当事務所までお電話かメールでお知らせ下さい なお、キャンセル料は必要ありません

  • 相談の際に必要な書類などはありますか?
  • ご相談内容に関係する書類があれば、できるだけお持ちください 特に、裁判所から訴状などの書類が届いている場合には、必ずご持参ください また、いきさつを時間順に書き出したメモがあると、より的確なアドバイスが可能となります

  • 相談の時に、印鑑は必要ですか?
  • ご相談だけで終了する場合には、印鑑は必要ありません ただし、ご相談の結果、正式に事件をご依頼頂く場合には、印鑑が必要となります そこで、はじめから「依頼はせず、相談だけ」という場合以外は、念のため、ご印鑑をお持ちいただいたほうがよろしいかと思います なお、弁護士に依頼をする場合の印鑑は、実印の必要はありません 普段お使いの印鑑で結構です

  • 弁護士費用はその場で払うべきですか?
  • ご依頼いただく場合でも、その場で弁護士費用をお支払いいただく必要はありません 契約書にしたがって、後日、弁護士の口座に振り込むなどしていただければ結構です また、ご事情によって、分割払いにも応じますので、遠慮無く、ご相談ください