刑事事件の弁護無罪になるには


検察官に対抗できる知識・経験・技術を

「日本の刑事裁判の有罪率は99%だ」と言われることがあります。実際の統計の数値は、平成27年犯罪白書によると、平成26年に全国の第一審(地方裁判所、簡易裁判所)で判決を受けた人の総数5万8959人のうち、無罪の判決を受けた人は、わずか124人ですから、有罪率は「99.8%」、つまり刑事裁判を受ける人1000人のうち998人が有罪判決を受けており、無罪となるのは、たった2人だけ、ということになります。

もっとも、刑事裁判を受ける人の多くは、罪を認めている、すなわち初めから有罪判決となることが予想されている人です。したがって、有罪率99.8%は「1000人が無罪を主張しても2人しか無罪にならない」ということではありません。これは、日本の場合には、検察官が被疑者を起訴するかどうかについての裁量権を持っており、捜査の結果、無実であることが判明した場合はもちろん、有罪を立証するだけの証拠がないと判断した場合には、起訴をしないことが可能となっているためです。言い方を変えれば、日本の場合は、検察官が「有罪を証明できる」と考えた事件だけを起訴していることが、有罪率の高さに影響しています。

ただし、当然のことですが、検察官が「有罪を証明できる」と考えたからといって、その人が本当に罪を犯したとは限りません。「事実は小説より奇なり」と言うように、一見、被告人の主張が不合理に思える場合でも、検察官とは異なる証拠の見方をしたり、検察官や警察が見逃した証拠をあわせて考えたりすれば、有罪とは言い切れないことも少なくないはずです。そのような事件を見逃すことなく無罪の判決を下すことで、誤って人を処罰しないようにすることが刑事裁判の最大の役割のはずです。

ところが、0.2%とは言わないまでも、日本の刑事裁判で無罪の判決を受けることは容易なことではありません。その理由のひとつとして、検察官は、国の捜査機関として、被告人の有罪を立証するための証拠を集める強い権限を持っているのに対し、被告人と弁護人には、そのような強い権限が与えられていないことがあげられます。また、残念ながら、裁判官の中には、「検察官が起訴したのだから有罪なのだろう」という予断や偏見を持って、裁判をしていると思わざるをえない人がいることも事実です。

このような日本の刑事裁判において、被告人が無罪の判決を得るためには、検察官と対等に渡り合えるだけの刑事事件の知識と経験、それに基づいて裁判官や裁判員を説得するための尋問や弁論の技術を持った弁護人による弁護を受けることが必要です。

当事務所の弁護士は、裁判員裁判を含む複数の事件で無罪の判決を得た弁護士を中心に、各自、刑事弁護の経験や研鑽を積んでいます。

当事務所では、重大・困難な刑事事件であることを理由に弁護を断ることはありません。無罪を主張したいという事件についても、どうぞ当事務所までご相談ください。

なお、当事務所では、刑事事件・少年事件について、初回接見(埼玉県内・東京都内の全域と、群馬県の一部地域)・初回相談を無料で受け付けています。詳しくはメニュー「無料接見・無料相談」をご覧ください。

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。

  • 紹介がなくても、相談を受けられますか?
  • 当事務所に相談いただくにあたって、紹介等は不要です はじめてご連絡いただく方でも、遠慮無くご相談をお申し込み下さい

  • 電話やメールでの相談はできますか?
  • 原則として、電話やメールでは相談内容についてのご回答はしておりません 電話やメールでは、情報量が限られているため、的確なアドバイスをすることが困難なためです 事務所にご来所いただき、面談の上、ご回答いたします

  • 申し込み後すぐに相談できますか?
  • 年末年始などの事務所休業期間を除き、できるかぎり数日以内にご相談をお受けできるようにつとめております なお、刑事事件や少年事件で、ご本人が警察に逮捕されているケースでは、より迅速な対応を心がけています

  • 夜間や土日に相談できますか?
  • お仕事の都合などで、平日の日中にはご来所が困難な場合には、夜間や土日でも、ご相談をお受けしております ご相談のお申し込みの際に、遠慮なく、ご都合をお伝え下さい

  • 相談の予約を変更・キャンセルできますか?
  • ご予約の日時に相談に来ていただくことができなくなった場合や、相談をキャンセルする場合には、お早めに当事務所までお電話かメールでお知らせ下さい なお、キャンセル料は必要ありません

  • 相談の際に必要な書類などはありますか?
  • ご相談内容に関係する書類があれば、できるだけお持ちください 特に、裁判所から訴状などの書類が届いている場合には、必ずご持参ください また、いきさつを時間順に書き出したメモがあると、より的確なアドバイスが可能となります

  • 相談の時に、印鑑は必要ですか?
  • ご相談だけで終了する場合には、印鑑は必要ありません ただし、ご相談の結果、正式に事件をご依頼頂く場合には、印鑑が必要となります そこで、はじめから「依頼はせず、相談だけ」という場合以外は、念のため、ご印鑑をお持ちいただいたほうがよろしいかと思います なお、弁護士に依頼をする場合の印鑑は、実印の必要はありません 普段お使いの印鑑で結構です

  • 弁護士費用はその場で払うべきですか?
  • ご依頼いただく場合でも、その場で弁護士費用をお支払いいただく必要はありません 契約書にしたがって、後日、弁護士の口座に振り込むなどしていただければ結構です また、ご事情によって、分割払いにも応じますので、遠慮無く、ご相談ください