安心の弁護士費用

起訴前弁護の着手金一律30万円。最善の弁護を明確な費用で提供します。

刑事事件・少年事件の弁護人費用の目安は以下のとおりです(いずれも消費税別)。
着手金は事件を受任するにあたっていただく費用であり,報酬金は事件の終了時に結果(無罪,執行猶予,罰金刑等)に応じていただく費用です。
下記以外に接見,準抗告,保釈請求,示談交渉等の弁護活動に当然伴う活動についての弁護士費用は別途発生しません(ただし,遠方への交通費や日当,記録謄写費用,被害者に支払う損害賠償金,鑑定費用などの実費が別途必要になる場合があります)。

ご依頼の際には「どのような場合に,いくら費用がかかるのか」を必ず契約書で明確にしていますので,費用に関してご不明な点がありましたら遠慮なくお尋ねください。

また,当事務所では,下記の通り,被疑者として捜査対象となった方が起訴されるかどうかが決まるまでの弁護活動(逮捕・勾留への対応を含みます)については着手金を一律30万と設定しています。ご依頼時に一括してお支払いいただくことが困難な場合には,後日のお支払いや分割払いにも応じますので,どうぞご相談ください。

①起訴前(被疑者として捜査の対象となった段階)の弁護活動

着手金:一律30万円

報酬金:0円~30万円

②起訴後・家裁送致後(刑事裁判や少年審判を受けることになった段階)の弁護活動

着手金:20万円~50万円

報酬金:0円~50万円

※①の着手金について,後日,関連する別の事件(余罪)の起訴前弁護をご依頼頂く場合には追加着手金として15万円が必要となります。

※①の報酬金,②の着手金・報酬金は,複雑・困難な事案や複数の弁護士が共同受任する事案では上記の基準によらない場合があります。

※①に引き続いて②のご依頼を受けた場合には,状況に応じて②を減額させていただく場合があります。

 

 

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。