少年事件・刑事事件の弁護人 > はじめに > 弁護人は何をするのか

はじめに弁護人は何をするのか


すべての人に「最善の弁護」を

捜査機関から「罪を犯した」という疑いをかけられた全ての人には、弁護人による弁護を受ける権利があります。

大人も、子どもも、男性も、女性も、外国人も、病気の人も、貧しい人も、全ての人に「自分の身を守る権利」があるのです。

「身に覚えのない」罪に問われた人が、刑罰を受けることは絶対にあってはなりません。刑事司法の最大の役割は、罪を犯していない人が罰せられる悲劇を防ぐことにあります。弁護人は、そのために全力を尽くして弁護活動をしなければなりません。

しかし、身を守る必要があるのは、「身に覚えのある人」、つまり、実際に、悪いことをしてしまった人の場合でも全く同じです。

たとえ、それが世の中の多くの人々から強く非難される犯罪でも、「したこと」以上の重すぎる罪に問われることがあってはなりません。また、適切な重さの刑罰であったとしても、それが「正しい手続」によって科されるのでなければ「間違った刑罰」です。

「悪いことをしたのだから、どのような刑罰でも甘んじて受けるべきだ」「犯罪者だから、手続に違法な点があっても構わない」というのは、法治国家において許されない考えです。

「極悪人」と糾弾される人であっても、彼が自分の身を守る権利を十分に行使してはじめて、私たちの社会の刑事司法制度は健全に機能し、その正当性を維持することができるのです。

そのために、刑事事件の弁護人は、どのような人にも等しく、その人の権利及び利益を守るための「最善の弁護」を尽くす責務を負っています。

具体的には、私たちは、弁護人として、次のような活動をします。

  • 被害届を出されたり、警察に呼びだされたりした方へのアドバイス
  • 逮捕された方、勾留された方との面会(接見)や差し入れ
  • ご家族など関係者への連絡やアドバイス
  • 勾留されないための申入れや、勾留からの解放を求める申立て
  • 被害者との示談や弁償に向けた交渉、書面の作成
  • ご本人の主張を裏付ける証拠の収集
  • 起訴(公判請求)されないための検察官との交渉
  • 起訴(公判請求)された場合の保釈請求
  • 裁判に向けた検察側の証拠の入手と検討
  • 裁判に向けた弁護側独自の調査や証拠収集
  • 専門家、専門機関への問い合わせ、相談
  • 検察側証人との面談
  • 弁護側の証人との打ち合わせ
  • ご本人、ご家族との打合合わせ
  • 被害者やその代理人弁護士への対応
  • 裁判員裁判における裁判員選任手続への対応
  • 裁判当日の証人尋問や弁論等の法廷活動
  • 判決宣告後のご本人、ご家族への説明とアドバイス

このように、被疑者・被告人となった方のために弁護人がなすべき活動は、広く多岐に亘っています。

私たちは、疑いをかけられてから、最終的な結論がでるまでの途中の一部分だけではなく、依頼を受けてから結論が出るまでの全般
について、最善の弁護活動を尽くします。

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。

  • 紹介がなくても、相談を受けられますか?
  • 当事務所に相談いただくにあたって、紹介等は不要です はじめてご連絡いただく方でも、遠慮無くご相談をお申し込み下さい

  • 電話やメールでの相談はできますか?
  • 原則として、電話やメールでは相談内容についてのご回答はしておりません 電話やメールでは、情報量が限られているため、的確なアドバイスをすることが困難なためです 事務所にご来所いただき、面談の上、ご回答いたします

  • 申し込み後すぐに相談できますか?
  • 年末年始などの事務所休業期間を除き、できるかぎり数日以内にご相談をお受けできるようにつとめております なお、刑事事件や少年事件で、ご本人が警察に逮捕されているケースでは、より迅速な対応を心がけています

  • 夜間や土日に相談できますか?
  • お仕事の都合などで、平日の日中にはご来所が困難な場合には、夜間や土日でも、ご相談をお受けしております ご相談のお申し込みの際に、遠慮なく、ご都合をお伝え下さい

  • 相談の予約を変更・キャンセルできますか?
  • ご予約の日時に相談に来ていただくことができなくなった場合や、相談をキャンセルする場合には、お早めに当事務所までお電話かメールでお知らせ下さい なお、キャンセル料は必要ありません

  • 相談の際に必要な書類などはありますか?
  • ご相談内容に関係する書類があれば、できるだけお持ちください 特に、裁判所から訴状などの書類が届いている場合には、必ずご持参ください また、いきさつを時間順に書き出したメモがあると、より的確なアドバイスが可能となります

  • 相談の時に、印鑑は必要ですか?
  • ご相談だけで終了する場合には、印鑑は必要ありません ただし、ご相談の結果、正式に事件をご依頼頂く場合には、印鑑が必要となります そこで、はじめから「依頼はせず、相談だけ」という場合以外は、念のため、ご印鑑をお持ちいただいたほうがよろしいかと思います なお、弁護士に依頼をする場合の印鑑は、実印の必要はありません 普段お使いの印鑑で結構です

  • 弁護士費用はその場で払うべきですか?
  • ご依頼いただく場合でも、その場で弁護士費用をお支払いいただく必要はありません 契約書にしたがって、後日、弁護士の口座に振り込むなどしていただければ結構です また、ご事情によって、分割払いにも応じますので、遠慮無く、ご相談ください