少年事件・刑事事件の弁護人 > はじめに > なぜ弁護人が必要か

はじめになぜ弁護人が必要か


知識、経験、技術に裏付けられたサポートを

警察に逮捕された方には、そもそも自分が、どのような罪に問われているのか自体、わからないことも少なくありません。重大事件に限らず、軽微な事件でも、犯罪を構成する要素となる事実は、時として複雑なものとなります。そのような逮捕状の内容が読み上げられても、専門的な法律用語が並んだ、長々とした文章の意味を一度聞いただけで理解できる人の方が少ないでしょう。これは、逮捕されずに、警察から呼びだされて取り調べを受ける場合も同じです。

意外に思われるかもしれませんが、警察は、容疑者となった人に、「あなたには、このような容疑がかけられているのですよ」などと書かれた紙を親切に渡してくれたりはしないのです。
 容疑の内容がわからなければ、自分の身を守りようがありません。

身に覚えの無い疑いを晴らそうと思っても、どのような事実を疑われているのかが分からなければ、何を、どのように弁解すれば良いのかわかりません。

また、身に覚えのある事件について、被害者に弁償をしようと思っても、どのような相手に、どのような被害を与えたのかが分からなければ、適切な弁償をすることなどできません。

弁護人がいれば、正確な法律的知識に基づいて、どのような事実について疑いがかけられているのかを把握することができます。

また、容疑の内容が分かったとしても、その先どうなるのかが分からなければ、何をしたら良いのか検討がつかないはずです。

弁護人がいれば、容疑の内容を経験に照らして、その後の展開を予測し、例えば、起訴されないためには、今、何をすべきであり、何をすべきでないのかを判断します。起訴された事件では、証拠を吟味して、どのような判決を目指すことが最善かをアドバイスし、そのために必要な事柄について、的確に優先順位をつけて活動します。

そして迎えた裁判の場で、被告人のために、検察官と互角にわたり合い、求める結論を導くために裁判官や裁判員を説得するのは、刑事裁判についての知識、経験、技術を持つ弁護人の仕事です。

このように、罪に問われた人が、その身を守り、無実の罪に問われたり、重すぎる罰を受けたりすることを防ぐためには、専門的な知識、経験、技術を持った弁護士が弁護人としてサポートすることが重要なのです。

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。

  • 紹介がなくても、相談を受けられますか?
  • 当事務所に相談いただくにあたって、紹介等は不要です はじめてご連絡いただく方でも、遠慮無くご相談をお申し込み下さい

  • 電話やメールでの相談はできますか?
  • 原則として、電話やメールでは相談内容についてのご回答はしておりません 電話やメールでは、情報量が限られているため、的確なアドバイスをすることが困難なためです 事務所にご来所いただき、面談の上、ご回答いたします

  • 申し込み後すぐに相談できますか?
  • 年末年始などの事務所休業期間を除き、できるかぎり数日以内にご相談をお受けできるようにつとめております なお、刑事事件や少年事件で、ご本人が警察に逮捕されているケースでは、より迅速な対応を心がけています

  • 夜間や土日に相談できますか?
  • お仕事の都合などで、平日の日中にはご来所が困難な場合には、夜間や土日でも、ご相談をお受けしております ご相談のお申し込みの際に、遠慮なく、ご都合をお伝え下さい

  • 相談の予約を変更・キャンセルできますか?
  • ご予約の日時に相談に来ていただくことができなくなった場合や、相談をキャンセルする場合には、お早めに当事務所までお電話かメールでお知らせ下さい なお、キャンセル料は必要ありません

  • 相談の際に必要な書類などはありますか?
  • ご相談内容に関係する書類があれば、できるだけお持ちください 特に、裁判所から訴状などの書類が届いている場合には、必ずご持参ください また、いきさつを時間順に書き出したメモがあると、より的確なアドバイスが可能となります

  • 相談の時に、印鑑は必要ですか?
  • ご相談だけで終了する場合には、印鑑は必要ありません ただし、ご相談の結果、正式に事件をご依頼頂く場合には、印鑑が必要となります そこで、はじめから「依頼はせず、相談だけ」という場合以外は、念のため、ご印鑑をお持ちいただいたほうがよろしいかと思います なお、弁護士に依頼をする場合の印鑑は、実印の必要はありません 普段お使いの印鑑で結構です

  • 弁護士費用はその場で払うべきですか?
  • ご依頼いただく場合でも、その場で弁護士費用をお支払いいただく必要はありません 契約書にしたがって、後日、弁護士の口座に振り込むなどしていただければ結構です また、ご事情によって、分割払いにも応じますので、遠慮無く、ご相談ください