少年事件・刑事事件の弁護人 > はじめに > 国選ではダメなのか

はじめに国選ではダメなのか

 

費用を払って「選べる」かどうか

以前、国選弁護人として担当した事件で、被告人だった方から手紙を頂きました。私の弁護活動に対する感謝の言葉を嬉しい気持ちで読み進めてゆくと、最後にこんな一文があり、思わず苦笑いしてしまいました。

「先生も、はやく私選弁護人になれると良いですね」

おそらく、この方は、刑事弁護をあつかう弁護士には、「国選弁護人」と「私選弁護人」という2つの「ランク」があると考えており、安い費用で働いている「国選弁護人」の私を気の毒に思って、「私選弁護人」という上級(?)の弁護人になれるように、励ましてくださったのでしょう。

しかし、弁護人に、そのような2つの「ランク」があるわけではありません。たしかに、様々な立場や考えから、国選弁護人としてしか担当しない、逆に、国選弁護人は担当しない、という弁護士もいます。しかし、刑事事件を手掛ける弁護士の多くは、国選弁護人として事件を引き受けることもあれば、私選弁護人として事件を引き受けることもあるのが通常です。

弁護士の立場からすれば、国選弁護人と私選弁護人の違いは、国から選ばれて弁護人になるのか、それとも被疑者・被告人の方やそのご家族などから選ばれて弁護人になるのかということと、それにともなって、誰が弁護活動の費用を支払うのかという点だけであって、弁護人として「なすべきこと」、つまり仕事の内容に違いはありません。

しかし、実際には「国選弁護人として弁護してもらうよりも、私選弁護人として弁護してもらうほうが、良い弁護をしてもらえる」と思っている方は少なくないようです。そのように思われてしまう理由のひとつに、残念ながら、質の低い弁護活動しかしない国選弁護人が存在することがあげられると思います。もちろん、多くの弁護士は、国選弁護人としてであれ、私選弁護人としてであれ、被疑者・被告人のために最善の弁護活動につとめているはずです。しかし、全ての国選弁護人の活動が、そうとは保証できないことも事実です。

ただ、よく考えてみると、国選弁護人であるからといって、弁護人の職責を十分に果たさないような弁護士が、はたして私選弁護人としてなら十分な弁護活動をしているのか疑問です。結局のところ、「良い弁護活動をするかどうか」は、「国選か私選か」という形式的なことではなく、その弁護人が「良い弁護士かどうか」にかかっているのではないでしょうか。

そのため、私選弁護人をつけることにメリットがあるとすれば、「費用を支払う」かわりに、自分が良いと思った弁護士を「自由に選べる」点にあります。国選弁護人は、原則として、自分で選ぶことはできず、名簿などに従って機会的に割り当てられるので、どのような弁護士が自分の国選弁護人になるかはわからないためです。もちろん、「良い」と思って私選弁護人を選んでも、期待はずれの活動しかしない弁護士だったということもありえますし、逆に、国選弁護人でも、素晴らしい活動をする弁護士が担当になることもあるでしょう。

当事務所の弁護士は、国選弁護人としても、私選弁護人としても、多くの経験を積んでおり、どちらの立場であっても、等しく刑事弁護人に求められる「最善の弁護」を尽くしています。

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。

  • 紹介がなくても、相談を受けられますか?
  • 当事務所に相談いただくにあたって、紹介等は不要です はじめてご連絡いただく方でも、遠慮無くご相談をお申し込み下さい

  • 電話やメールでの相談はできますか?
  • 原則として、電話やメールでは相談内容についてのご回答はしておりません 電話やメールでは、情報量が限られているため、的確なアドバイスをすることが困難なためです 事務所にご来所いただき、面談の上、ご回答いたします

  • 申し込み後すぐに相談できますか?
  • 年末年始などの事務所休業期間を除き、できるかぎり数日以内にご相談をお受けできるようにつとめております なお、刑事事件や少年事件で、ご本人が警察に逮捕されているケースでは、より迅速な対応を心がけています

  • 夜間や土日に相談できますか?
  • お仕事の都合などで、平日の日中にはご来所が困難な場合には、夜間や土日でも、ご相談をお受けしております ご相談のお申し込みの際に、遠慮なく、ご都合をお伝え下さい

  • 相談の予約を変更・キャンセルできますか?
  • ご予約の日時に相談に来ていただくことができなくなった場合や、相談をキャンセルする場合には、お早めに当事務所までお電話かメールでお知らせ下さい なお、キャンセル料は必要ありません

  • 相談の際に必要な書類などはありますか?
  • ご相談内容に関係する書類があれば、できるだけお持ちください 特に、裁判所から訴状などの書類が届いている場合には、必ずご持参ください また、いきさつを時間順に書き出したメモがあると、より的確なアドバイスが可能となります

  • 相談の時に、印鑑は必要ですか?
  • ご相談だけで終了する場合には、印鑑は必要ありません ただし、ご相談の結果、正式に事件をご依頼頂く場合には、印鑑が必要となります そこで、はじめから「依頼はせず、相談だけ」という場合以外は、念のため、ご印鑑をお持ちいただいたほうがよろしいかと思います なお、弁護士に依頼をする場合の印鑑は、実印の必要はありません 普段お使いの印鑑で結構です

  • 弁護士費用はその場で払うべきですか?
  • ご依頼いただく場合でも、その場で弁護士費用をお支払いいただく必要はありません 契約書にしたがって、後日、弁護士の口座に振り込むなどしていただければ結構です また、ご事情によって、分割払いにも応じますので、遠慮無く、ご相談ください