少年事件・刑事事件の弁護人 > はじめに > 弁護士費用はどのくらいか

はじめに弁護士費用はどのくらいか


「いくら」で「どこまで」かの確認を

弁護人を依頼しようとするときに最も気になるのが、弁護士に支払う弁護士費用ではないでしょうか。

現在、弁護士費用については、各弁護士が依頼を受ける際に、依頼人との間で自由に決めて良いということになっています。そのため、一概に、「このような事件について、弁護士費用を○円も取るのは高すぎる」とか、逆に「この事件を○円で引き受けるのは安い」などと決めつけることはできません。

しかし、事件の難易度や目標とする結果によって、必要とされる弁護士の労力に見合う「常識的な線の金額」というものは存在します。例えば、逮捕・勾留されずに、在宅で取り調べを受けている暴行や器物損壊などの、比較的軽微な事件について、弁護人として被害者と示談交渉をして起訴されないように活動するというケースについて、トータルで何百万円もの弁護士費用を請求するのは、特別な事情がない限り、通常の弁護士の感覚からすれば、法外に思えます。このような事件の場合、通常の感覚でいえば、着手金(依頼を受けるにあたってお支払いいただく費用)が10万円からせいぜい30万円程度、それに加えて、無事に起訴されずに終わった場合に報酬金として、やはり10万円からせいぜい30万円程度をお支払い頂くのが常識的な線かと思われます。

もっとも、注意しなければならないのは、着手金や報酬金が比較的低額に定められた場合であっても、いわば「オプション」として別途の報酬金が定められている場合があることです。例えば上記のようなケースで、着手金と報酬金は各20万円と決めつつ、それとは別に「被害者と示談が成立した場合には、報酬として30万円を払う」という契約内容になっていることもありえます。このような契約をすることが悪いとまではいえませんが、「示談交渉は、刑事事件の弁護人がすべき当然の活動である」との考えの下に、このような「オプション」料金を要求しない弁護人も少なくありません。同じことは、警察による逮捕後、勾留されている方の身体拘束を解くための活動(準抗告や起訴後の保釈請求など)についても言えます。これらについても、それが奏功した場合の報酬を定めること自体は問題ではありませんが、弁護士費用の決め方は弁護士により様々ですので、トータルでどのくらいの費用がかかるのかについては、十分に確認しておく必要があります。

同様に、まだ起訴されて法廷で裁判を受けることになる前の「被疑者」の段階で弁護士を依頼する場合には、「もし裁判を受けることになった場合には、追加の費用がかかるのかどうか」も確認しておく必要があります。

また、弁護士によっては、「接見に1回行くごとに○万円」という費用の定め方をしているケースもあります。このように定めた場合、依頼する側には、果たして全部で何回くらい接見に来ることになるのか予想がつかないため、最終的にトータルでどの程度の費用がかかるのかの見通しがないまま依頼することになりかねないため注意が必要です(個人的には、着手金等とは別に上記のような「接見1回ごとの費用」を請求する方式は、入院中の患者の病室に、医師が様子を見に来るたびに費用を請求したり、レストランでウエイターが料理を運ぶたびに費用を請求したりするのと同じように感じられ、強い違和感があります)。

結局、弁護士を依頼する場合に重要な事は、「いくらで、何を、どこまでやってもらえるのか」「望み通りの結果が出たとして、最高でどのくらい費用がかかるのか。逆に思い通りに行かなかった場合でも、最低どの程度の費用は覚悟しなければならないのか」ということを明確にしてもらい、十分理解し納得した上で、弁護を依頼することです。

刑事事件は、それ自体が身近でないため「どのような弁護活動に、どのくらいの価値が有るのか」ということがわかりづらい分野です。例えば「30万円の借金の返済を免れるために、100万円の弁護士費用を払う」ことが割に合わないと思う方は多いでしょう。しかし、「相手に1ヶ月の怪我を負わせた傷害事件について、起訴されないために100万円の弁護士費用を払う」ことが割にあわないかどうかの判断は容易では無いと思います。

しかも、警察に逮捕された等の緊急事態では、焦りの気持ちから、ついつい費用のことを十分に理解しないまま弁護士を依頼する事態が起こりかねません。弁護士の側が、そのような依頼人の気持ちにつけこんで、不当に高額な費用を請求することが絶対にあってはいけませんが、弁護士費用の決め方が自由化されている以上、依頼する側で、後日想定外の高額な費用を請求されて困ってしまう事態は、自ら回避しなければならないのが現実です。

当事務所では、弁護士の過去の刑事弁護の経験に基づいて、最善の弁護活動のために必要な弁護活動の見通しを立てた上で、ご相談者の方には、「依頼した場合、トータルでどの程度の弁護士費用がかかる見通しか」を、できるだけ分かりやすくご説明するように心がけています。費用についてご不明な点があれば、どうぞお気軽にご相談ください。

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。

  • 紹介がなくても、相談を受けられますか?
  • 当事務所に相談いただくにあたって、紹介等は不要です はじめてご連絡いただく方でも、遠慮無くご相談をお申し込み下さい

  • 電話やメールでの相談はできますか?
  • 原則として、電話やメールでは相談内容についてのご回答はしておりません 電話やメールでは、情報量が限られているため、的確なアドバイスをすることが困難なためです 事務所にご来所いただき、面談の上、ご回答いたします

  • 申し込み後すぐに相談できますか?
  • 年末年始などの事務所休業期間を除き、できるかぎり数日以内にご相談をお受けできるようにつとめております なお、刑事事件や少年事件で、ご本人が警察に逮捕されているケースでは、より迅速な対応を心がけています

  • 夜間や土日に相談できますか?
  • お仕事の都合などで、平日の日中にはご来所が困難な場合には、夜間や土日でも、ご相談をお受けしております ご相談のお申し込みの際に、遠慮なく、ご都合をお伝え下さい

  • 相談の予約を変更・キャンセルできますか?
  • ご予約の日時に相談に来ていただくことができなくなった場合や、相談をキャンセルする場合には、お早めに当事務所までお電話かメールでお知らせ下さい なお、キャンセル料は必要ありません

  • 相談の際に必要な書類などはありますか?
  • ご相談内容に関係する書類があれば、できるだけお持ちください 特に、裁判所から訴状などの書類が届いている場合には、必ずご持参ください また、いきさつを時間順に書き出したメモがあると、より的確なアドバイスが可能となります

  • 相談の時に、印鑑は必要ですか?
  • ご相談だけで終了する場合には、印鑑は必要ありません ただし、ご相談の結果、正式に事件をご依頼頂く場合には、印鑑が必要となります そこで、はじめから「依頼はせず、相談だけ」という場合以外は、念のため、ご印鑑をお持ちいただいたほうがよろしいかと思います なお、弁護士に依頼をする場合の印鑑は、実印の必要はありません 普段お使いの印鑑で結構です

  • 弁護士費用はその場で払うべきですか?
  • ご依頼いただく場合でも、その場で弁護士費用をお支払いいただく必要はありません 契約書にしたがって、後日、弁護士の口座に振り込むなどしていただければ結構です また、ご事情によって、分割払いにも応じますので、遠慮無く、ご相談ください