少年事件・刑事事件の弁護人 > 少年事件の弁護 > 少年鑑別所から出るには

少年事件の弁護少年鑑別所から出るには


「一時帰宅」を求める活動が必要

お子さんが、少年鑑別所に入ってしまうと、通常4週間近く(最大8週間)、家に帰ることができなくなります。

10代の子どもにとって、それほど長い期間、保護者の下を離れて施設に収容されることは、それだけで大きなストレスとなります。それに加えて、学校や職場での生活にも大きな支障が生じることになります。

そのため、まずは、少年鑑別所に入ること自体を回避できないかが重要となります。家庭裁判所が、検察庁から送られてきた少年を少年鑑別所に収容することを決定する手続を「観護措置決定」と呼んでいます。そこで、警察に逮捕された少年の弁護人になった場合には、あらかじめ、少年が家庭裁判所に送られる日を確認して、その日に裁判官が観護措置決定をする前に、意見書を提出したり、裁判官と面会したりして、少年鑑別所への収容を思いとどまらせるための活動をします。もし、この意見が認められれば、「一時帰宅」といって、少年は、その日のうちに自宅に帰ることが可能になります。特に、進学や進級のかかったテストが間近に迫っている場合には、ここで少年鑑別所への収容を回避できるかどうかが非常に重要となりますので、弁護人は、事前に十分に準備をして対応することになります。

また、残念ながら少年鑑別所に収容されてしまった場合でも、審判までの間に、やはり、少年鑑別所から自宅に戻ることを許される場合があります。重要な試験や仕事を理由とするほか、病気の検査や、同居の家族の見舞いのために、このような一時帰宅が認められたケースもありますので、事案によっては、諦めずに一時帰宅を求めてみる必要があります。

このような少年鑑別所からの一時帰宅を実現するためには、家庭裁判所に送られる前の早い段階から弁護人として活動し、必要な資料を収集するなど事前に準備をしておくことが重要です。

少年事件についてお子さんが逮捕され、今後のことが心配な場合には、ぜひお早めに当事務所までご相談ください。

ご相談・ご依頼の前に

刑事事件の弁護

少年事件の弁護

事件別事例と解説

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方