少年事件・刑事事件の弁護人 > 少年事件の弁護 > 重大な事件を起こした場合は

少年事件の弁護重大な事件を起こした場合は


逆送され懲役刑等になることも

大人と異なり、少年の犯罪については、その未熟さを考慮して健全育成のために、刑罰よりも教育を優先する保護処分とするのが原則です。そのため、大人であれば刑務所に入らなければならないような事件を起こしてしまった場合でも、少年であれば、少年院での教育や、保護観察処分による社会内での立ち直りに期待することになります。

しかし、たとえ少年でも、20歳が間近に迫っている場合や重大な事件については、保護処分ではなく刑事処分(刑罰)を受けさせることが相当であるとして、成人と同じ刑事裁判を受けさせるために、検察官から家庭裁判所へ送られてきた事件を、再び検察官へと送り返す「検察官送致(逆送)」という手続がとられることもあります(なお、比較的軽微な事件について、罰金刑となることを見越して、逆送されるケースもあります)。

中でも、16歳以上の少年が、殺人や傷害致死など、故意の犯罪行為で人を死亡させた場合には、法律上、この検察官送致(逆送)をすることが原則とされています。

そして、家庭裁判所が、刑事処分が相当であるとして逆送した少年事件については、犯罪の嫌疑がないと認められた場合を除いて、検察官に裁判所への起訴が義務付けられています。

起訴された少年は、大人と同じように、被告人として公開の法廷で刑事裁判を受けることになります。罪名が殺人や傷害致死、強盗致傷、強姦致傷など、裁判員裁判の対象となる事件の場合には、被告人が少年であっても裁判員裁判を受けることになります。

そして、裁判の結果有罪と認められた場合には、少年でも刑務所で長期間の懲役刑に処せられることがあります。さらに、犯行時の年齢が18歳以上の場合、事件によっては死刑の判決を受けることすらあります。

他方で、逆送されて刑事裁判を受けたものの、審理の結果、刑罰ではなく、家庭裁判所による保護処分がふさわしいと判断された場合には、裁判所の決定によって、事件が再び家庭裁判所に移送されて保護処分となることもあります(この移送手続が少年法55条に定められているため、これを「55条移送」と呼んでいます)。

少年事件の弁護活動は、通常の刑事事件とは異なる知識や技術が必要となる分野です。その中でも、逆送された少年の刑事事件、とりわけ裁判員裁判は、特殊な分野であり経験したことがない弁護士が大多数です。

当事務所では、逆送された少年の裁判員裁判の弁護人を多数担当し、55条移送決定を裁判員裁判で得た経験を持つ弁護士を中心に、少年事件の経験豊富な弁護士らにより重大な少年事件にも的確に対応できる体制をとっています。

万が一、お子さんが重大な事件を起こしてしまった場合にも、どうぞご相談ください。

当事務所では、少年事件・刑事事件について、初回接見(埼玉県内・東京都内の全域と、群馬県の一部地域)・初回相談を無料で受け付けています。詳しくはメニュー「無料接見・無料相談」をご覧ください。

モッキンバードの弁護士にご相談されたい方

モッキンバード法律事務所では、初回接見、初回相談が無料です。 また、接見や相談の申し込みに紹介は不要です。 刑事事件・少年事件についてご相談されたい方は、まず刑事・少年事件専用ダイヤルまたはメールにてご連絡ください。

  • 紹介がなくても、相談を受けられますか?
  • 当事務所に相談いただくにあたって、紹介等は不要です はじめてご連絡いただく方でも、遠慮無くご相談をお申し込み下さい

  • 電話やメールでの相談はできますか?
  • 原則として、電話やメールでは相談内容についてのご回答はしておりません 電話やメールでは、情報量が限られているため、的確なアドバイスをすることが困難なためです 事務所にご来所いただき、面談の上、ご回答いたします

  • 申し込み後すぐに相談できますか?
  • 年末年始などの事務所休業期間を除き、できるかぎり数日以内にご相談をお受けできるようにつとめております なお、刑事事件や少年事件で、ご本人が警察に逮捕されているケースでは、より迅速な対応を心がけています

  • 夜間や土日に相談できますか?
  • お仕事の都合などで、平日の日中にはご来所が困難な場合には、夜間や土日でも、ご相談をお受けしております ご相談のお申し込みの際に、遠慮なく、ご都合をお伝え下さい

  • 相談の予約を変更・キャンセルできますか?
  • ご予約の日時に相談に来ていただくことができなくなった場合や、相談をキャンセルする場合には、お早めに当事務所までお電話かメールでお知らせ下さい なお、キャンセル料は必要ありません

  • 相談の際に必要な書類などはありますか?
  • ご相談内容に関係する書類があれば、できるだけお持ちください 特に、裁判所から訴状などの書類が届いている場合には、必ずご持参ください また、いきさつを時間順に書き出したメモがあると、より的確なアドバイスが可能となります

  • 相談の時に、印鑑は必要ですか?
  • ご相談だけで終了する場合には、印鑑は必要ありません ただし、ご相談の結果、正式に事件をご依頼頂く場合には、印鑑が必要となります そこで、はじめから「依頼はせず、相談だけ」という場合以外は、念のため、ご印鑑をお持ちいただいたほうがよろしいかと思います なお、弁護士に依頼をする場合の印鑑は、実印の必要はありません 普段お使いの印鑑で結構です

  • 弁護士費用はその場で払うべきですか?
  • ご依頼いただく場合でも、その場で弁護士費用をお支払いいただく必要はありません 契約書にしたがって、後日、弁護士の口座に振り込むなどしていただければ結構です また、ご事情によって、分割払いにも応じますので、遠慮無く、ご相談ください